PR ガジェット レビュー リモートワーク

【音漏れは?】SOUNDPEATS GoFree2の実力:音質・装着感・バッテリー持ちを徹底検証!

2024年2月1日

こんにちは、オーディオ製品が大好きなSafe Havenセーフヘイブンプロフィールお問い合わせ@KEF47223925)です。

耳への負担が少なく、長時間装着していても疲労感が少ないオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンの「SOUNDPEATS GoFree2サウンドピーツ ゴー フリーツー」をレビューします。

耳を塞がないので外の音がそのまま聞こえるので「ながら聴き」ができて便利
家事をしながら電話の着信音・子供の声、玄関チャイム音が聞こえます。

マイク通話の音質が優秀で、リモートワークのWeb会議にも向いています。

SOUNDPEATSさんから製品提供をして頂きましたので、レビューさせてもらいました。

メリット デメリット
装着しながら外の音が聞こえる(ながら聴きできる)
耳への負担が少ない
マルチポイント対応
マイク通話の音質が良い
低遅延機能がある
最大35時間の音楽再生が可能
カナル型、インナーイヤー型より音質が劣る
人が多い場所では使えない(音漏れする)
created by Rinker
オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン 耳掛け式
「ながら聴き」ができる 耳への負担・疲労感が少ない
マルチポイント 低遅延 LDAC対応 優秀なマイク音質
イヤホン単体で最大9時間、充電ケース併用で最大35時間

期間限定で、5%OFFクーポンコードがあります。
セール価格にも適用できるのでお得です。
クーポンコード:229GOFREE14
期間:2024年1月30日から2024年2月29日

SOUNDPEATS GoFree2の特徴

オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン

「SOUNDPEATS GoFree2」イヤホン本体

「SOUNDPEATS GoFree2」は耳を塞がないオープンイヤー型ワイヤレスイヤホン。

外の音が遮られず聞こえるので「ながら聴き」ができます。
外でスポーツをしながら、家事をしながら、相手と話をしながら、など。

カナル型イヤホン、インナーイヤー型イヤホンと違って耳掛け式なので、軽い付け心地で耳への負担が少ない。

高音質の秘密は16.2 mmドライバーとLDAC対応

「SOUNDPEATS GoFree2」ドライバーユニット

「SOUNDPEATS GoFree2」は16.2 mmダイナミックドライバーを搭載でダイナミックレンジ(高音域から低音域の幅)の広さを確保

さらにラムダ型音響空間2.0・低音補強アルゴリズムで、オープンイヤー型ワイヤレスイヤホンの弱点である低音域を補強

高音質コーデックのLDACに対応しており、音楽や動画再生時のデータロスは極小。

最大35時間のバッテリー

電池 アイコン

「SOUNDPEATS GoFree2」はイヤホン単体で最大9時間、ケース併用時で最大35時間のロングバッテリー。

オープンイヤー型ワイヤレスイヤホンは耳への疲労が少ないので長時間使用になりがちですが、バッテリー持ちが良いので安心。

イヤホン本体の充電時間は約1.5時間、充電ケース本体の充電時間は約2時間。

マルチポイント対応

PCの前でスマホをさわっている男性

「SOUNDPEATS GoFree2」はマルチポイントに対応。(2台まで)

「マルチポイント」とは複数台のデバイス(スマホ、タブレット、PC)に同時にBluetooth接続できる機能。

いちいちBluetoothを切断して、接続を切り替える必要がないです。

ENC通話ノイズリダクション

「SOUNDPEATS GoFree2」マイク

「SOUNDPEATS GoFree2」はマイク通話の音質が良いです。

ENC通話ノイズリダクション(環境騒音低減技術)はほどほどに効いていて、周囲のノイズを減らしてくれます。

今まで10台近いワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、マイク通話での声の自然さはトップクラス。

低遅延ゲームモード

「SOUNDPEATS GoFree2」ゲーム 音の遅延

「SOUNDPEATS GoFree2」は低遅延ゲームモードに対応。

SBC、LDACコーデックともに音の遅延を半減してくれます。

音の遅延が遅いとストレスになってくるFPSゲーム、音ゲーなどで効果を発揮。

「VGP 2024」において金賞を受賞

「SOUNDPEATS GoFree2」 VGP2024

「SOUNDPEATS GoFree2」はオーディオビジュアル機器の総合アワードである「VGP 2024」で金賞を受賞。

カテゴリは『Bluetoothフロート型イヤホン/左右独立型(1万円未満)』

優れた設計・性能が認められています。
created by Rinker
オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン 耳掛け式
「ながら聴き」ができる 耳への負担・疲労感が少ない
マルチポイント 低遅延 LDAC対応 優秀なマイク音質
イヤホン単体で最大9時間、充電ケース併用で最大35時間

SOUNDPEATS GoFree2のスペック

SOUNDPEATS GoFree2
基本仕様
イヤホンタイプ オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン
ドライバー 16.2 mmダイナミックドライバー
再生周波数帯域 20 Hz - 40 KHz
カラー ブラック
充電ケース本体サイズ 幅84.4 x 奥行き65.3 x 高さ28.9 mm
イヤホンのサイズ 幅37.0 x 奥行き19.5 x 高さ49.0 mm
充電ケース + イヤホン(両方)の重さ 74 g
イヤホン(片耳)の重さ 9 g
防水規格 IPX5
ノイズキャンセリング ANC 非対応
通話ノイズキャンセリング ENC 対応
ゲームモード(低遅延) 対応
アプリの対応OS iOS / Android
Bluetooth
Bluetooth仕様 Bluetoothバージョン 5.3
対応プロファイル A2DP 1.3、AVRCP 1.6、HFP 1.7、SPP 1.2、GATT
対応コーデック AAC / SBC / LDAC
マルチポイント 対応(最大2台)
通信範囲 最大10 m
バッテリー
バッテリー容量 450 mAh(充電ケース)、60 mAh x 2(イヤホン)
ワイヤレス充電 非対応
イヤホン単体の最大再生時間 約9時間
充電ケース併用時の最大再生時間 約35時間
充電ポート USB Type-C
入力端子 5V / 1A
USBケーブルの長さ 約26 cm
イヤホン本体の充電時間 約1.5時間
充電ケース本体の充電時間 約2時間
その他
取扱説明書 SOUNDPEATS公式
発売日 2023年11月22日
実勢価格 7,880円

SOUNDPEATS GoFree2の外観

「SOUNDPEATS GoFree2」 外箱 上面

「SOUNDPEATS GoFree2」 外箱 底面

「SOUNDPEATS GoFree2」の外箱。

白を基調としており、製品の見た目がわかりやすいシンプルなデザイン。

外箱裏面には製品仕様が英語で表記されています。

同梱物

「SOUNDPEATS GoFree2」 同梱物

SOUNDPEATS GoFree2 同梱品

  • ワイヤレスイヤホン
  • 充電ケース
  • 充電用USBケーブル
  • 取扱説明書
  • アプリガイド

充電ケース

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 上面

「SOUNDPEATS GoFree2」の充電ケース。

マットブラックで無難な見た目。
高級感はないけども安っぽさもない感じ。

手で持った感じでは若干ゴムっぽさがあり滑りにくいので、落としにくいと思います。

ケース表面の中央には、SOUNDPEATSの「S」のエンブレムが表記されています。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 底面

充電ケース表面にある「S」のエムブレムは、見る角度によってはシルバーに光って見えます。
ちょっと凝った作り。

ケース裏面には何もありません。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 正面

充電ケース側面。

中央部分にグレーの横ラインがありほぼ一周していて、シンプル過ぎないデザイン。

ケース正面には開閉しやすいように引っ掛かりがあります。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 背面

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ポート USB-C

充電ケース背面。

下部に充電用のUSB-Cポートがあります。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 開けたところ

「SOUNDPEATS GoFree2」の充電ケースを開けた状態。

イヤホンがジャストサイズで収まっています。

ケース上部中央にSOUNDPEATSのロゴが表記されています。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース LEDランプ

ワイヤレスイヤホンを取り出した状態。
充電ケース外側のマットブラックと素材は変わり、光沢のあるグレー一色。

イヤホンを脱着しやすいように、かなり滑りやすい作り。
イヤホンが収まる部分には磁石が設置されていて、簡単に脱着可能。

ケース下部正面には「LEDランプ(インジケーター)」があり、LEDの色によって充電ケースのバッテリー状態がわかります。

「SOUNDPEATS GoFree2」 LEDランプ 表示 説明

充電ケースのLEDランプの色の説明。

「SOUNDPEATS GoFree2」の取扱説明書に記載されているものを載せておきます。

created by Rinker
オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン 耳掛け式
「ながら聴き」ができる 耳への負担・疲労感が少ない
マルチポイント 低遅延 LDAC対応 優秀なマイク音質
イヤホン単体で最大9時間、充電ケース併用で最大35時間

ワイヤレスイヤホン

「SOUNDPEATS GoFree2」のワイヤレスイヤホン。

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン タッチパネル

イヤホンの外側に「音楽・動画の再生/停止」「曲送り/曲戻し」「ボリューム調整」などができるタッチパネルがあります。

耳の後ろ側にに当たる金属部分はズレ防止用の重り。
前後の重さのバランスをとっています。

イヤホンを色々な角度からチェック。

タッチパネル周辺だけプラスチック製で、あとはほとんどシリコンゴム素材になっています。
このシリコンゴム素材は、耳周辺に柔らかくフィットしてズレ防止に大きく効果があります。

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン シリコンゴム

イヤホン裏側。

充電端子とドライバーユニット(音の出口)がありますが、オープンイヤー型ワイヤレスイヤホンなので直接耳に当たらないので嫌な感じはしません。

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン 音の出口

音の出口は2箇所あります。

充電端子部分にイヤホンの左右の向きがわかるL・Rの表記があります。

3 mm程度の大きさしかなく、かなり見づらいです…。

充電用USBケーブル、取扱説明書

「SOUNDPEATS GoFree2」 USBケーブル 充電

「SOUNDPEATS GoFree2」付属の充電用USBケーブル。

充電ケース本体側はUSB-Cポートで、充電アダプター側はUSB-Aポート。

USBケーブルの長さは約26 cm。

充電アダプターは製品に付属しないので注意。

「SOUNDPEATS GoFree2」 取扱説明書

「SOUNDPEATS GoFree2」の取扱説明書は各言語対応。

  • Bluetoothのペアリング方法
  • マルチポイントのやり方
  • 装着方法
  • タッチパネルの操作方法
  • LEDランプの表示説明

が載っています。

アプリガイドは「SOUNDPEATS」アプリの簡素な説明が載っています。

サイズ

デジタルノギスで実測しました。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース サイズ

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 厚さ

充電ケースのサイズは、幅84.4 x 奥行き65.3 x 厚さ28.9 mm。

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン サイズ

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン 厚さ

イヤホン単体のサイズは、幅39.0 x 奥行き49.0 x 厚さ19.5 mm。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 手に持ったところ

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン 手のひらに置いたところ

「SOUNDPEATS GoFree2」の充電ケース、イヤホンをそれぞれ手に持ったところ。

カナル型ワイヤレスイヤホンに比べると充電ケースは少し大きめ。

重さ

デジタルスケールで実測しました。

「SOUNDPEATS GoFree2」 充電ケース 重さ

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン 重さ

充電ケースの重さは74 g。

ワイヤレスイヤホン(片耳)の重さは9 g。

すごく軽い。

SOUNDPEATS GoFree2を実際に聴いてみた

自宅のPCオーディオ環境に約50万円クラスの音響機器を使っているので、音質にはちょっとうるさいです。

スマホで聴いてみた

イヤホン 聴いている 男性

Androidスマホの音楽再生プレーヤー、YouTubeのアプリで50時間ほど聴いてみました。

「SOUNDPEATS GoFree2」はオープンイヤー型ワイヤレスイヤホン。
耳に引っ掛けて、耳の近く(外側)で音を鳴らす方式。

耳の中に直接入れるカナル型やインナーイヤー型よりも音の出口が遠くなり、音質の面でどうしても劣ります。
オープンイヤー型イヤホンは、音質よりは装着感や疲れにくさを重視しています。

基本的に聴き疲れしにくいサウンドチューニング。
ややドンシャリ(高音&低音を強調)、解像感はそこそこ、音の密度は軽い、音場は狭い、音の温度感は中間。
当たり前ですがノイズキャンセリング機能(ANC)はありません。

「SOUNDPEATS GoFree2」の実勢価格7,880円を考慮しコスパを含めた音質評価をすると、

高音 3.5 / 5.0
中音 3.0 / 5.0
低音 3.0 / 5.0

という感じ。
SOUNDPEATS GoFree2」は頻繁にセールをやっているので、セール価格次第で評価が若干上がります。
6,000円台なら音質のコスパはまあまあだと思います。

コーデックは高音質なLDACに対応していますが、音質的に劣るSBCとあまり違いを感じませんでした。
iPhone(iOS)はLDACが使えずAACコーデックでの使用になりますが、音質はほとんど悪くならないと思います。

PCで聴いてみた

「SOUNDPEATS GoFree2」をノートPC「ThinkBook 13x Gen2」で使ってみました。

PCでワイヤレスイヤホンをBluetooth接続すると、LDACコーデックは使えずSBCコーデックになるんですが、スマホで聴くのと同じ感じで聴けました。

マルチポイントに対応しているのでBluetoothを切断しなくても、スマホとノートPCを簡単に行き来できるのは便利。
(同時に音を出すことはできず、どちらかの音だけ聞ける)

Bluetooth接続が不安定になることはありませんでした。

こちらもCHECK

「Lenovo ThinkBook 13x Gen2 レビュー」鬼コスパなモバイルノートPC(2023年)

こんにちは、PC歴20年以上のリモートワーカーSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 鬼コスパのモバイルノートPC「Lenovoレノボ Thi ...

created by Rinker
オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン 耳掛け式
「ながら聴き」ができる 耳への負担・疲労感が少ない
マルチポイント 低遅延 LDAC対応 優秀なマイク音質
イヤホン単体で最大9時間、充電ケース併用で最大35時間

音の遅延

「SOUNDPEATS GoFree2」 音の遅延 計測

「SOUNDPEATS GoFree2」の音の遅延をYouTube動画でチェックしてみました。

「音の遅延」とは画面内で鳴っている音が、実際にワイヤレスイヤホンで聴こえるまでの時間差のことを言います。
数値が大きいほど、音が遅れて聞こえます。
100 msは0.1秒と同じ。

SOUNDPEATS GoFree2 音の遅延
 スマホ(SBCコーデック) 約100 ms
 スマホ(LDACコーデック) 約160 ms
 スマホ (SBCコーデック:ゲームモード) 約50 ms
 スマホ(LDACコーデック:ゲームモード) 約80 ms
 ノートPC(SBCコーデック) 約100 ms

SBCよりもLDACの方が遅延は大きいのは普通です。
SOUNDPEATSアプリでゲームモードにするとSBC・LDAC両方で、音の遅延が半減しています。
ゲームモードにしても音の劣化は特に感じません。

ゲームモードにすると音の遅延が気になるFPSゲーム、音ゲーでもあまりストレスなく遊べそうです。

SOUNDPEATSの他製品と音質比較

SOUNDPEATSの3製品で音質比較してみました。
比較機種は以下。

単純な音質の比較だと、
Opera 05 >>> Air4 >> GoFree2
という感じです。

やはりイヤホンの方式で音質が全然変わってきます。

久しぶりに「SOUNDPEATS Opera 05」の音を聴きましたが、めっちゃ良いですね。
いまメインで使っているワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM5(約35,000円)」とそんなに音質の差がない。
ノイキャン性能はさすがに圧倒的に劣りますが、静かな環境で聴くなら「SOUNDPEATS Opera 05」の音質は超ハイコスパ!

こちらもCHECK

「SOUNDPEATS Opera 05 レビュー」鬼コスパの高音質が魅力の完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、外出時はイヤホンのノイズキャンセリング機能に頼りっきりなSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 BA型ドライバー2基&ダイナミック ...

こちらもCHECK

「SONY WF-1000XM5 レビュー」迷ったらコレ!トータルバランス重視の完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、藤井風にハマってしまったSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 外出時のワイヤレスイヤホンに「SOUNDPEATS Opera 0 ...

created by Rinker
オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン 耳掛け式
「ながら聴き」ができる 耳への負担・疲労感が少ない
マルチポイント 低遅延 LDAC対応 優秀なマイク音質
イヤホン単体で最大9時間、充電ケース併用で最大35時間

SOUNDPEATS GoFree2のアプリ

「SOUNDPEATS GoFree2」は「SOUNDPEATS」アプリをインストールすることで性能をフルに発揮します。

ぜひ、アプリをインストールしましょう。

SoundPeats

SOUNDPEATS
posted withアプリーチ

「SOUNDPEATS GoFree2」 アプリSOUNDPEATS ホーム画面。

左下にあるイコライザーっぽいアイコンをタップすると、カスタマイズ画面にいけます。

「SOUNDPEATS GoFree2」 アプリ プリセット

カスタマイズ画面にあるプリセット右下の「>」をタップすると、プリセット画面にいけます。

プリセットを変更することで音質調整が可能。
オススメは「低音強調」
YouTube動画や映画を迫力ある音質で楽しめます。

手動でのイコライザーカスタマイズは、なぜかあまり音質が変わりません。

「SOUNDPEATS GoFree2」 アプリ ゲームモード

「ゲームモード」は前述しましたが、音の遅延を半減してくれます。

「タッチキーのすべての機能を無効にする」はイヤホンのタッチパネル操作を無効にできます。

「SOUNDPEATS GoFree2」 アプリ マルチポイント

「マルチポイント」も前述した機能です。

スマホやPCに同時にBluetooth接続できて、簡単に切り替えが可能。

「SOUNDPEATS GoFree2」 イヤホン タッチパネル 操作方法

「SOUNDPEATS GoFree2」 LDAC 設定

タッチパネルの操作方法はカスタムできませんが、「曲戻し」ができるようになっていました。

ちなみに私の使っているスマホだと、Bluetooth設定画面にLDACのオン・オフの項目があります。

SOUNDPEATS GoFree2の装着感

「SOUNDPEATS GoFree2」 耳に掛けている 男性

「SOUNDPEATS GoFree2」はオープンイヤー型イヤホンで、一般的なカナル型イヤホンと比べて独特な装着感になります。
耳に引っ掛けて、耳の外側からイヤホンの音が聞こえます。
耳の穴をふさがないので、外の音が遮られずそのまま聞こえるのがオープンイヤー型イヤホン最大のメリット。

「SOUNDPEATS GoFree2」は耳に当たる部分が柔らかいシリコンゴム素材。
耳の形に合わせてフィットしてくれるので、嫌な感じはほとんど無いです。

セルロイドのフレームが太めな眼鏡を付けていても違和感はほぼありません。
眼鏡の付け外しも何ら問題なし。

「SOUNDPEATS GoFree2」は徹底的にズレ防止がされているので、頭を激しく振っても全くイヤホンがズレません。
激しいスポーツをしても問題なさそうです。

あまりのフィット感に、イヤホンを付けているのを忘れているときまでありました。

耳の中にイヤホンを入れないので、カナル型イヤホンやインナーイヤー型イヤホンに比べて、圧倒的に耳への負担が少なくて疲れにくいです。

片耳だけでのイヤホン使用にも対応しています。

SOUNDPEATS GoFree2の音漏れ

人混み 電車の中

「SOUNDPEATS GoFree2」はオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンなので、イヤホンの音の出口が耳の外側にあります。

そのせいで音漏れはかなりします。(特に高音のシャカシャカ)

混み合った電車やバスなどでの使用は周囲の人に迷惑をかけるのでNG。
人が多いスポーツジムも厳しい。

外でのランニングやジョギングなら、近くに人がいないので問題ないでしょう。

SOUNDPEATS GoFree2のマイク性能、通話品質の評価

「SOUNDPEATS GoFree2」のマイク通話をスマホで録音しました。

SOUNDPEATS GoFree2のマイク音質

ダイナミックレンジ(高音域から低音域の幅)が広いので肉声に近く感じます。
ホワイトノイズも全然聞こえない。
ENC通話ノイズリダクション(環境騒音低減技術)がほどほどに効いていて、周囲の雑音を少し減らしてくれます。

「SOUNDPEATS GoFree2」のマイク音質はワイヤレスイヤホンにしては良い。

リモートワークのWeb会議で問題もなく使える優秀なマイク性能。

SOUNDPEATS 他の製品のマイク音質と比較

SOUNDPEATS Air4

SOUNDPEATS Opera 05

「SOUNDPEATS Air4」「SOUNDPEATS Opera 05」を再検証しました。
ファームウェアのアップデートなのか、アプリ側での修正なのかわかりませんがマイク音質がかなり改善されていました。

GoFree2 = Opera 05 > Air4

というマイク音質の印象に感じました。

どの機種もリモートワークのWeb会議で良好なマイク通話ができるレベル。

SOUNDPEATS GoFree2が活躍するシーン

「SOUNDPEATS GoFree2」のようなオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンは付けていても、外の音をそのまま聞けるので「ながら聴き」ができます。

  • 外でのスポーツ(ランニング、ジョギングなど)をしていても、外の音が聞こえるので安心
  • 家事をしながら使っていても、電話の着信音・子供の声・玄関チャイム音が聞こえる(宅配便に対応可能)
  • 音楽を聴きながらでも目の前の相手と会話ができる
  • ネットのレビューでは、飲食店で料理を作りながら使っている人もいました
  • 自動車・バイク・自転車の運転時に着用すると、交通違反になる可能性があるので注意(都道府県で扱いが違う)

「SOUNDPEATS GoFree2」のようなオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンは、以下のような人に好まれています。

  • カナル型イヤホン・インナーイヤー型イヤホンだと耳が痛くなってくる
  • 外出中に耳をふさぐのが不安
  • カナル型イヤホン使用時の耳の蒸れが不快
  • 骨伝導イヤホンの付け心地・音質が苦手

SOUNDPEATS GoFree2のレビューまとめ

メリット、長所

装着しながら外の音が聞こえる(ながら聴きできる)

 耳への負担が少ない

 マルチポイント対応

 マイク通話の音質が非常に良い

 低遅延機能がある

 最大35時間の音楽再生が可能

デメリット、弱点

カナル型、インナーイヤー型より音質が劣る

人が多い場所では使えない(音漏れする)

SOUNDPEATS GoFree2を使ってみた感想

SOUNDPEATS GoFree2」のようなオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンは初めて使いました。

付け心地がとても軽くて、長時間装着していても耳への負担が少ないのが大変良かったです。

耳を塞がないので外の音がそのまま聞こえて「ながら聴き」できるので、使い方次第で便利になる人が一定数いそう。

マイクの音質が結構良いので、リモートワークのWeb会議で使うのは全然ありだと思いました。

音漏れが結構するので、人が混み合う電車やバスなどで使うのはマナー違反なので注意。

created by Rinker
オープンイヤー型ワイヤレスイヤホン 耳掛け式
「ながら聴き」ができる 耳への負担・疲労感が少ない
マルチポイント 低遅延 LDAC対応 優秀なマイク音質
イヤホン単体で最大9時間、充電ケース併用で最大35時間

期間限定で、5%OFFクーポンコードがあります。
セール価格にも適用できるのでお得です。
クーポンコード:229GOFREE14
期間:2024年1月30日から2024年2月29日

ガジェット レビュー記事

2024/2/17

「ダイキン 空気清浄機 MC55X レビュー」ニオイ・花粉ストレスから解放

こんにちは、在宅での仕事歴が10年以上あるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 テレワークで在宅の仕事をしていると、同じ部屋で長時間働くことになります。 テレワークする部屋で、ニオイの強い料理、ホコリっぽい、カビっぽい、などという臭さを感じると無意識にストレスを感じてしまいます。 そんな部屋に漂う嫌なニオイを消して、快適な空気にしてくれる電化製品が空気清浄機! 私が使っている「ダイキン 空気清浄機 MC55X」をレビューします。(3年使用) この ...

ReadMore

2024/2/24

「ロジクール G502 X PLUS レビュー」多ボタン&持ちやすく作業効率がめっちゃ上がる高級ゲーミングマウス

こんにちは、有名FPSゲーム「BF2」を1年間で2000時間以上プレイしたことがあるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 フルモデルチェンジして万人向けのデザインに変身したゲーミングマウス「ロジクール G502 X PLUS」をレビューします。(約1年使用) 持ちやすさに定評があり、13箇所ある各ボタンを簡単にカスタムでき、ワイヤレスなのに遅延を全く感じない、本格派ゲーミングマウス。 RGBの光り方が綺麗で、バッテリー持ちが良く、ゲーム以外でも圧 ...

ReadMore

2024/2/24

【ノートPCと外付けWebカメラを徹底比較】テレワーク定番モデル

テレワーク三種の神器であるパソコン、ネット環境、Web会議ツール。 テレワークのWeb会議で、自分の表情・姿勢・身だしなみ等の視覚情報を、写してくれるのがWebカメラの重要な役目。 ノートPCは付属でWebカメラ・マイクがありますが、テレワークで定番の外付けWebカメラ2機種とで、どう違うのかスペック・画質・音質など実際に比較してみました。 この記事では、ロジクール公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。 テレワークにとってのWebカメラとは? Web会議ツールでの重要なアイテム 会社での ...

ReadMore

2021年下半期~2023年上半期までの、テレワーク情報まとめたのを説明したバナー

2023/8/29

リモライフ休止中のテレワーク、リモートワーク関係の情報まとめ

リモライフ内の過去記事のリライト、細かな整備が終わったので新規記事を少しずつ投稿していこうと思います。 久しぶりに記事を書くので筆がなかなか進まない・・・。 まずはリモライフを休んでいた間のテレワーク、リモートワーク関係の情報をザッとまとめてみました。 コロナ禍でのテレワーク、リモートワークの移り変わり コロナ禍に入った直後あたりのテレワーク、リモートワーク 2020年2月頃から日本中がコロナで大騒ぎになり「会社に出社できない!」 「じゃあ出社しないで仕事できるようにするにはどうしたらいい!?」という流れ ...

ReadMore

2024/2/24

「Razer Pro Type Ultra JP レビュー」リモートワーク向けのオシャレなワイヤレスゲーミングキーボード

こんにちは、今まで使ってきたキーボードの台数は20台近いSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 高級キーボード「東プレ リアルフォース」を長らく使っていたのですが、ワイヤレスでオシャレなキーボードが欲しくなり「Razer Pro Type Ultra JPレイザー プロタイプ ウルトラ ジェイピー 」を買ったのでレビューします。(約3ヶ月使用) 購入条件としては以下で絞りました。 ホワイトでスタイリッシュな見た目 ワイヤレス(無線) フルサイズ(テ ...

ReadMore

2024/1/17

【レノボ ThinkPad E14 Gen2 レビュー】Thinkbook

テレワークで低スペックPCを使っていると、ストレスがたまりまくる・・・。 サクサク動くハイスペックPCが欲しい! 私が2020年8月に買った、テレワーク向けの高コスパなノートPC【レノボ ThinkPad E14 Gen2】を紹介したいと思います。 自作PC歴20年なのでPCにはうるさい方です。 ノートPC購入の動機【こぢんまりWebデザイナーの使い道】 こぢんまりWebデザイナーとは? 一人で完結できるコンパクトな依頼を好んで受けている、こじんまりWebデザイナーのSafe Havenです。 チームワー ...

ReadMore

2024/2/24

「山田照明 Z-N1100 レビュー」スタイリッシュなデスクライト

こんにちは、起きてから寝る直前までデスクライトを点けているSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 テレワークで部屋の天井にある照明だけでPC作業をしていると、手元が暗くて目が少しずつ疲れてきます。 長期間続けると視力の低下にもつながる可能性あり。 デスクライトがあると手元がハッキリ見えて、目が疲れにくいです。 テレワークと じっくり向き合うならデスクライトの導入をしておきたい。 私が使っているデスクライト「山田照明 Z-LIGHT Z-N1100」 ...

ReadMore

2024/2/25

「SwitchBotカーテン レビュー」カーテンを自動開閉させることで生活が便利に

こんにちは、目覚まし時計をセットして朝起きようとするとプレッシャーを少し感じるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 カーテンを自動開閉できる「SwitchBotスイッチボットカーテン」をレビューします。 生活をちょっと便利にしてくれるスマートホーム家電です。 朝起きるのに太陽光の明るさでスッキリ起きたいという人に最適。 SwitchBotさんから製品提供をして頂きましたので、レビューさせてもらいました。 メリット デメリット 朝起きるときに朝日の ...

ReadMore

2024/2/17

「Lenovo ThinkBook 13x Gen2 レビュー」鬼コスパなモバイルノートPC(2023年)

こんにちは、PC歴20年以上のリモートワーカーSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 鬼コスパのモバイルノートPC「Lenovoレノボ ThinkBookシンクブック 13x Gen2」を買っちゃいました! 13.3インチで2560x1600の高解像度・sRGB100%の広色域・IPSパネルで発色抜群と、なかなかの高画質ディスプレイ。 Intel Core i5-1235U、メモリ16GB、NVMe SSD 512GB、Wi-Fi 6E対応で、ビジ ...

ReadMore

大量の電源ケーブル類を整理して、ケーブルを見えないよう隠しているPCデスク環境

2024/2/24

【デスク環境の整理術】ケーブル&収納を工夫すると見た目が全然変わる

こんにちは、電源ケーブル類が見えているのは生活感がでるので、できるだけ隠したいSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 PCデスク環境を整えていくと、必ず壁に阻まれるのがケーブルと収納の問題。 ケーブルと収納をきちんと整理整頓しておくと使いやすいし、何より気持ちが良い。 私のPCデスク環境構築でのケーブル&収納の整理整頓を紹介します。 【PCデスク環境】の電源ケーブル周りは工夫して隠す ケーブルジャングル PCデスク右奥から、太いケーブルがチラッと見 ...

ReadMore