PR ガジェット レビュー リモートワーク

「SOUNDPEATS Air4 レビュー」耳に負担が少ない軽い付け心地で、リラックスして良い音を聴ける完全ワイヤレスイヤホン

2023年8月11日

こんにちは、外出時はワイヤレスイヤホンを必ず持ち歩いているSafe Havenセーフヘイブンプロフィールお問い合わせ@KEF47223925)です。

耳への負担が少ないインナーイヤー型で軽い付け心地がよく、気軽に使える完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATSサウンドピーツ エアー フォー Air4」をレビューします。

2台のデバイスに同時接続できるマルチポイント機能は、PCでリモートワークしつつスマホで音楽を流せて便利。

音質は高音域重視で全体的にクリアで爽快。音抜けの良いコスパの高いサウンドにビックリ。

非常にコンパクトな充電ケースとイヤホンで、長時間の音楽再生を実現。

SOUNDPEATSさんから製品提供をして頂きましたので、レビューさせてもらいました。

メリット デメリット
装着感が良くて、耳への負担が少ない
パッと簡単に装着できる
Snapdragon Sound対応
aptX adaptive LossLess コーデック対応
音質のコスパが高い
最大26時間の音楽再生が可能
インナーイヤー型なので遮音性がほぼ無い
ノイズキャンセリング機能の効果はかなり弱い
少し音漏れする
タッチパネル操作で前の曲に戻せない
タッチパネル操作をカスタムできない
created by Rinker
完全ワイヤレスイヤホン 軽い付け心地のインナーイヤー型
マルチポイント機能 ノイズキャンセリング機能 Snapdragon Sound対応

SOUNDPEATS Air4の同梱物

SOUNDPEATS Air4 外箱「SOUNDPEATS Air4」の外箱の表面です。
モダンなデザインです。

SOUNDPEATS Air4 外箱裏面

SOUNDPEATS Air4 外箱を開けたところ

外箱の裏面。

開けてみると、目につくのは黒い充電ケース本体らしき物だけ。

SOUNDPEATS Air4 付属の充電用USBケーブル

充電ケース本体の下側は上げ底で、コンパクトに充電ケーブル(USB)が収納されています。

充電ケーブルはUSB Type-A to Cで長さは25 cm。

SOUNDPEATS Air4 の取扱説明書

上箱の内側に取扱説明書と、アプリの簡単な紹介が入っています。

SOUNDPEATS Air4 同梱物

「SOUNDPEATS Air4」の同梱物を全て並べたところ。

SOUNDPEATS Air4のスペック

SOUNDPEATS Air4 主要な機能

  • Snapdragon Sound / aptX adaptive LossLess コーデック対応
  • アダプティブ ノイズキャンセリング
  • 13mm ダイナミックドライバー
  • マルチポイント
  • 専用アプリ「SOUNDPEATS」対応
  • 3基通話マイク
  • 最大26時間の音楽再生可能
  • ゲームモード(音の遅延減少)
  • インナーイヤー型
SOUNDPEATS Air4
Bluetooth
Bluetooth仕様 Bluetoothバージョン 5.3
対応プロファイル HSP , HFP , A2DP , AVRCP
対応コーデック aptX Lossless / aptx adaptive / aptx / AAC / SBC
マルチポイント 対応
通信範囲 10 m
基本仕様
イヤホンタイプ インナーイヤー型
ドライバー 13 mmダイナミックドライバー
再生周波数帯域 20Hz - 20KHz
カラー ブラック
充電ケース本体サイズ 幅53.5 x 厚さ24 x 高さ 58 mm
イヤホンのサイズ 厚さ18.5 x 高さ34 mm
充電ケース単体の重さ 30 g
イヤホン(両方)の重さ 9 g
防水規格 IPX4
ノイズキャンセリング ANC(アダプティブ)
ゲームモード(低遅延) 対応
アプリの対応OS iOS / Android
バッテリー
バッテリー容量 30 mAh(充電ケース)、35 mAh x 2(イヤホン)
ワイヤレス充電 非対応
最大再生時間 約6.5時間
充電ケース併用時の最大再生時間 約26時間
充電ポート Type-C
イヤホン本体の充電時間 約2時間
実勢価格
8,980円
同梱物
SOUNDPEATS Air4イヤホン x 1
充電ケース x 1
Type-C充電ケーブル x 1
取扱説明書 x 1

SOUNDPEATS Air4の外観

SOUNDPEATS Air4 充電ケース本体

「SOUNDPEATS Air4」の充電ケース本体。

ブラックを基調として差し色にブラウンが入っています。
マットな質感ですが光沢感も少しあるプラスチック製。
チープさは感じませんが、高級感があるとまでは言えないレベル。

持った感じでは少し滑りやすく感じました。
コンパクトなのもあり、落とさないよう注意。

写真ではSOUNDPEATSのメーカーロゴがあるし、なんとなく表面っぽく見えますが実は裏面です。
SOUNDPEATS Air4 充電ケース本体 表面

表面

SOUNDPEATS Air4 充電ケース本体 裏面

裏面

表面の中央にはボタンがあります。
ペアリングやリセットに使います。

表面にはLEDインジケーターもあります。

裏面にはSOUNDPEATSのメーカーロゴを配置。

上側

SOUNDPEATS Air4 充電用USB Type-Cポート

下側

本体の底部にはUSB-Cの充電用ポートがあります。

SOUNDPEATS Air4 充電ケース本体 カバーを開けたところ

本体ケースを開けたところ。

SOUNDPEATS Air4 充電ケース本体の内部

イヤホンを取り出して、本体ケースの内部を見たところ。

底に金属の充電端子が見えます。

SOUNDPEATS Air4 イヤホン本体

「SOUNDPEATS Air4」のイヤホン本体。
今となっては少数派のインナーイヤー型。

イヤホン外側は充電端子以外プラスチック製です。
充電ケースと同じ素材感なのでチープな感じはしません。

濃いブラウンの箇所がタッチパネルになっていて色々と操作できます。

イヤホン両方で重さが9 gしかないので、めちゃくちゃ軽いです。

耳の中に当たる部分はプラスチック素材が違い、滑りやすくなっています。

カナル式ではないのでイヤーキャップは無いです。

SOUNDPEATS Air4 イヤホン本体のドライバー

ブラウンで穴がたくさん開いている部分は音が出力されるドライバー部分。
最先端チップ「QCC3071」のダイナミックドライバーを採用。

本体の各箇所には3基の通話マイクがあります。

SOUNDPEATS Air4 イヤホンを指でつまんだところ

「SOUNDPEATS Air4」のイヤホンを指でつまむと、こんな感じ。

SOUNDPEATS Air4 充電ケースとイヤホンを並べたところ

「SOUNDPEATS Air4」充電ケース本体とイヤホン。

SOUNDPEATS Air4 充電ケース LEDインジケーター

SOUNDPEATS Air4 LEDインジケーターの説明

充電ケース本体にあるLEDインジケーターは、バッテリー残量を色で教えてくれます。(緑色・黄色・赤色)

ペアリング時は白色に光ります。

SOUNDPEATS Air4 充電

「SOUNDPEATS Air4」をUSB-Cポートで充電している様子。
バッテリー0%の状態からの充電時間は約2時間です。

USBケーブルの充電器は付属していないので注意。

SOUNDPEATS Air4 耳に装着

「SOUNDPEATS Air4」を実際に耳につけたところ。

created by Rinker
完全ワイヤレスイヤホン 軽い付け心地のインナーイヤー型
マルチポイント機能 ノイズキャンセリング機能 Snapdragon Sound対応

サイズ、重量

SOUNDPEATS Air4 充電ケース サイズ

SOUNDPEATS Air4 充電ケース 厚さ

充電ケース本体のサイズは幅53.5 x 高さ58 x 厚さ24 mmです。

SOUNDPEATS Air4 イヤホンサイズ

SOUNDPEATS Air4 イヤホン 奥行き

イヤホン本体のサイズは高さ34 x 厚さ17 mmです。

SOUNDPEATS Air4 充電ケース 手に持ったところ

充電ケース本体は小振りで、小柄な女性でも問題なく手のひらに収まるサイズ感。

SOUNDPEATS Air4 イヤホンを手の上に乗せたところ

イヤホン本体もコンパクトで、指でつまみやすい形状。

SOUNDPEATS Air4 充電ケース重さ

SOUNDPEATS Air4 イヤホン重さ

イヤホンを含んだ充電ケース本体の重さは39 g。

イヤホンだけは9 gと非常に軽量。

SOUNDPEATS Air4の機能

スマホとの接続方法

Androidスマホを使っているので、Android版で説明していきます。

アプリのインストール方法

SOUNDPEATS Air4の特徴ある機能

SOUNDPEATS Air4 Snapdragon Sound対応

「SOUNDPEATS Air4」は、Qualcommの最新技術「Snapdagon Sound」に対応。
Snapdragon Soundには、最新コーデックaptX Adaptiveの拡張技術「aptX Lossless」も含まれます。

Snapdragon Soundの対応機種でないと使えませんが、ハイレゾCDの音質・低遅延・接続の安定性とメリットは多い。SOUNDPEATS Air4 マルチポイント接続「SOUNDPEATS Air4」はマルチポイント機能に対応。

スマホとPCに同時接続可能。
いちいちスマホやPCの設定変更をして、接続し直す手間は要りません。

※同時に音を出せるのは1台だけです。

SOUNDPEATS Air4 バッテリー「SOUNDPEATS Air4」は、最大26時間の音楽再生が可能。
イヤホン単体で最大6.5時間、充電ケース併用で最大26時間。

コンパクトなイヤホン&充電ケースでこれだけ長時間再生できるのは驚き。
SOUNDPEATS Air4 アプリ「SOUNDPEATS Air4」は、SOUNDPEATSアプリに対応。

スマホやタブレットで音質調整・機能変更ができるアプリです。

イコライザーでの音質調整できる効果はかなり大きいです。

アプリ紹介

SOUNDPEATSのホーム画面です。

画面左下のイコライザーアイコンから、機能のカスタマイズができます。

SOUNDPEATS Air4 アプリ ホーム

よく利用することになるカスタマイズ画面です。

Bluetooth接続時や設定変更をすると、外人女性の声で毎回アナウンスされるんですがちょっと気になりますね。
シンプルなシグナルサウンドの方が好みかも。SOUNDPEATS Air4 アプリ カスタマイズ画面アダプティブイコライザーは簡易的な聴力検査をして、その人に合った音質にチューニングしてくれます。

かなり控え目な音質になります。

イコライザー(EQ)のプリセットの「>」アイコンをタップすると、プリセット一覧画面にいけます。

SOUNDPEATS Air4 アプリ プリセット標準のプリセットでは「SOUNDPEATSクラシック」になっています。

低音強調、低音低減、電子音、ロック、民謡、高音域の強調、ポップ、クラシックの8種類のプリセットから選択できます。

各プリセットで音質がしっかり変わります。

イコライザー(EQ)カスタマイズの「>」アイコンから、イコライザー(EQ)カスタマイズ画面にいけます。

バーを上下させることで、自分好みに音質をカスタムすることができます。(0が初期値)

画面の左側が低音域、中央が中音域、右側が高音域になっています。(10バンド)

SOUNDPEATS Air4は高音域が強めのイヤホンなので、高音域はあまり上げすぎない方がいいです。

SOUNDPEATS Air4 イコライザーカスタマイズ

ノイズキャンセリングはANCモードだとオン。通常モードはオフです。

「SOUNDPEATS Air4」はノイズキャンセリング機能の効果は薄いですが、ANCモードにすると音が厚みを増します。

高音質で聴きたい時はANCモード オン推奨です。
逆に、軽く音を流したい時は通常モードがいいでしょう。SOUNDPEATS Air4 ノイズキャンセリング

ゲームモードはBluetooth接続の宿命である遅延(音の遅れ)を減らしてくれます。
体感で1秒の遅延があったのが半減します。

音の遅延にシビアな、音ゲー&FPSゲーム以外には使えそうです。
ただし代償として、音の途切れる瞬間が稀に出てくるようになります。SOUNDPEATS Air4 ゲームモード

イヤホンのタッチパネル操作の使い方ガイドがアプリにはありません。
取扱説明書に書かれているものを載せておきます。

SOUNDPEATS Air4 タッチパネル操作

曲送りはあるんですが、曲戻りが無いのが残念。
あと、タッチパネル操作を自分好みにカスタムできればなぁ。

PCとの接続方法(Windows11の場合)

SOUNDPEATS Air4の装着感

「SOUNDPEATS Air4」は、インナーイヤー型の軽量イヤホンなので非常に付け心地が良く、長時間付けていても耳に負担が少ないです。
カナル型イヤホンのようなギュッと押し込んだ密閉感はなく開放感があります。
さすが「Air」シリーズ。

カナル型のように耳の隙間をしっかりと密閉して遮音性を保つ行程が要りません。
充電ケース本体からイヤホンを取り出して、耳にスポッと入れて終わり。手軽で早い。

イヤホンの形状も大きすぎず小さすぎず、長時間付けていても耳が痛くなりませんでした。
「SOUNDPEATS Air4」を付けて、頭をかなり振ってみたんですが不思議と外れなかったです。

「SOUNDPEATS Air4」はパッと簡単に装着できるので、リモートワークの休憩時間にリラックスタイムとしてBGMを聴くのに向いています。

装着感の良さも考えると、ストレッチポール・ヨガ・ピラティスなどでBGMを聴きながら、体を軽く動かすのにも良いなと思いました。

created by Rinker
完全ワイヤレスイヤホン 軽い付け心地のインナーイヤー型
マルチポイント機能 ノイズキャンセリング機能 Snapdragon Sound対応

SOUNDPEATS Air4の音質

まず前提として、最新コーデックのaptX adaptive LossLessには、私のスマホが非対応で試せなかったのをご了承ください。
aptX(HD)で使用しました。

結論から言うと「”音質”のコスパはかなり高いです」
以下、細かく触れていきます。

「SOUNDPEATS Air4」は高音域強調の「ハイ上がり」に感じました。
明瞭(クリア)で音がこもっている感じは全く無く、音抜けがよくて解像度の高さにビックリ。
ただし、音の重心が腰高なのでベースやドラムの音は軽めに聴こえます。

特徴的な高音域は明るく爽やかですが、曲や動画によってはキンキンして耳に刺さります。
このへんはアプリのイコライザーをカスタマイズして、高音域を少し下げると落ち着きます。深い低音域はさすがに出ないですが、イコライザーカスタマイズで低音域を強調すれば迫力がグッと出て、YouTubeの動画に没入しやすくなり楽しめました。
アプリのイコライザー調整は予想以上にかなり効果があります。

「SOUNDPEATS Air4」のサウンドチューニングとしては、若い人(10~30代)をターゲットにしているように感じました。

「SOUNDPEATS Air4」の相性としては、ボーカロイド系やテクノ系に合うように感じました。

でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」を聴いてみましたが、合いの手がいっばい聞こえて「こんなに声が入ってたんだ」と驚きました。
音の分離がよく、細かい音を一つ一つ聴かせてくれます。

楽器数や音数の多い曲を聴くのが楽しい。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、シンセなど各パートを聴き分けやすいです。
音がこもっている安物イヤホンしか使ったことがない人が、「SOUNDPEATS Air4」を聴くと強い衝撃を受けると思います。

コーデックですが、aptX(HD)でも十分高音質。
ただ、音の遅延が1秒ほどあります。
アプリのゲームモードをONにすることで遅延を半減できますが、音が一瞬途切れることが時々ありました。

created by Rinker
完全ワイヤレスイヤホン 軽い付け心地のインナーイヤー型
マルチポイント機能 ノイズキャンセリング機能 Snapdragon Sound対応

SOUNDPEATS Air4の音質(PCと接続)

SOUNDPEATS Air4 ノートPC

Windows11だとコーデックはaptXで接続されます。

同時の2台のデバイスに接続できるマルチポイント機能があるので、スマホとPCをいちいち繋ぎ直すことなく作業できるのは地味に便利。

PCにはアプリが入れられないので、「SOUNDPEATS Air4」の基本性能で聴くことになります。
音質的には、高音域強調(ハイ上がり)のシャリホンに感じました。

PCで音楽や動画を長時間聴くと耳が痛いかなぁ。
スマホやタブレットと接続して、アプリで音質調整して聴くほうが向いてますね。

SOUNDPEATS Air4のノイズキャンセリング性能

「SOUNDPEATS Air4」のノイズキャンセリングはオンとオフだけ。

室内や外出時など色々なシーンで試してみましたが、「SOUNDPEATS Air4」のノイズキャンセリング性能はハッキリ言って効果が薄いです。

インナーイヤー型の遮音性の無さと相まって外ではまるで効果がないので、室内向けのノイズキャンセリングと割り切りましょう。
室内ならエアコンや扇風機の雑音が少しだけ減ります。

SOUNDPEATS Air4の音漏れ

SOUNDPEATS Air4 音漏れ

耳の隙間を埋めて密閉するカナル型イヤホンと違い、隙間だらけのインナーイヤー型イヤホンの「SOUNDPEATS Air4」は外部に音漏れします。

バスや電車内でボリュームを大きめで聴いてると、近くの人にシャカシャカ鳴っている音が聞こえてしまいます。

ノイキャン性能が弱いので、大きめのボリュームで聴いてしまい、どうしても音漏れ傾向になりがち。

というわけで、「SOUNDPEATS Air4」は静かな環境での使用に向いているイヤホンです。

SOUNDPEATS Air4のマイク音質

スマホに「SOUNDPEATS Air4」を接続して、実際に録音してみました。

大きなノイズは無いですが、AMラジオ並の音質という印象です。

音割れや、小さな音を拾うかなどもテストしましたが、電話やLINE通話するぐらいなら大丈夫でした。

マイクの音質的には、リモートワークのWeb会議で常用するのはちょっと厳しいレベル。

ノートPC付属マイクの方が音質は良いかなぁ。

SONY WF-1000XM3と比較

SOUNDPEATS Air4 とSONY WF-1000XM3を並べて

私が普段いつも使っているワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM3」(2019年7月13日発売:約25,000円)と比較してみました。

サイズ・重さ

サイズ
SONY WF-1000XM3 ケース本体:幅79 x 厚さ29 x 高さ 54 mm
SOUNDPEATS Air4 ケース本体:幅53.5 x 厚さ24 x 高さ 58 mm

重さ
SONY WF-1000XM3 ケース本体だけ:76 g
SOUNDPEATS Air4 ケース本体だけ:30 g

SONY WF-1000XM3 イヤホンだけ:17 g
SOUNDPEATS Air4 イヤホンだけ:9 g

カナル型とインナーイヤー型のイヤホンの違いはあるんですが、WF-1000XM3は大きく、重いです。
普段持ち歩く物なので、少しぐらいの違いでも結構な差を感じます。
SOUNDPEATS Air4は少し大きめの目薬サイズ。コンパクト。

装着感

WF-1000XM3はカナル型イヤホンで耳の奥にギュッと押し込んで密閉するので、少なからず耳に負担を感じます。
装着するのにも両耳で20秒以上は時間がかかっている気がします。

「SOUNDPEATS Air4」はインナーイヤー型イヤホンで耳にスポッと軽く差し込むだけ。
とても軽い付け心地で耳への負担はかなり少なく感じます。(付けてるのを忘れてる時もありました)
装着時間は慣れると10秒以内で終わります。

ノイズキャンセリング性能

WF-1000XM3は、4年前の発売当時は最高峰のノイキャン性能でしたが、ノイキャンは日進月歩の技術。
今では2世代前ぐらいの性能でしょう。

ただそれでも、「SOUNDPEATS Air4」はオマケ程度のノイキャン性能なので圧倒的な違いを感じます。
「SOUNDPEATS Air4」を10としたら、WF-1000XM3は100あります。
感覚的にノイキャン性能は10倍は違います。

WF-1000XM3を付けていると、日常生活の大まかなノイズは薄まります。
そもそも「SOUNDPEATS Air4」は外での使用をあまり重視して設計してないでしょうから、比較するものでは無いと思います。

音質

WF-1000XM3は、SONYらしい高音域から低音域までフラットな音質。
「SOUNDPEATS Air4」は高音域強調で音抜けのいい解像感重視。

一聴した感じでは「SOUNDPEATS Air4」の方が良い音に感じる人が多いと思います。
直接比較するとWF-1000XM3は音が随分こもって聴こえます。

私も静かな環境で使うなら「SOUNDPEATS Air4」を選びます。

マイク音質

実際にスマホでマイク録音したものを並べてみます。

SONY WF-1000XM3

SOUNDPEATS Air4

これはWF-1000XM3の圧勝ですね。
リモートワークのWeb会議でも常用できるマイク音質だと思います。

バッテリー持ち

WF-1000XM3
イヤホン単体で最大6時間、充電ケースも使うと最大24時間。

SOUNDPEATS Air4
イヤホン単体で最大6.5時間、充電ケースも使うと最大26時間。

数値的にはいい勝負ですが、充電ケース本体とイヤホンのサイズを考慮すると、コンパクトサイズで長時間のバッテリー持ちする「SOUNDPEATS Air4」はスゴイ。

まとめ

サイズ/重さ SOUNDPEATS Air4 >>> SONY WF-1000XM3
装着感 SOUNDPEATS Air4 >>> SONY WF-1000XM3
ノイキャン性能 SONY WF-1000XM3 >>> SOUNDPEATS Air4
音質 SOUNDPEATS Air4 >> SONY WF-1000XM3
マイク音質 SONY WF-1000XM3 >> SOUNDPEATS Air4
バッテリー持ち SOUNDPEATS Air4 > SONY WF-1000XM3

ノイキャン性能・マイク音質のSONY WF-1000XM3。
サイズ/重さ・装着感・高音質の「SOUNDPEATS Air4」

という結果になりました。

外出時はSONY WF-1000XM3、静かな室内環境では「SOUNDPEATS Air4」の方が向いていると感じました。

created by Rinker
完全ワイヤレスイヤホン 軽い付け心地のインナーイヤー型
マルチポイント機能 ノイズキャンセリング機能 Snapdragon Sound対応

SOUNDPEATS Air4のレビューまとめ

メリット、長所

 装着感が良くて、耳への負担が少ない

 パッと簡単に装着できる

 Snapdragon Sound対応

aptX adaptive LossLess コーデック対応

音質のコスパが高い

 最大26時間の音楽再生が可能

デメリット、弱点

 インナーイヤー型なので遮音性がほぼ無い

 ノイズキャンセリング機能の効果はかなり弱い

 少し音漏れする

 タッチパネル操作で前の曲に戻せない

 タッチパネル操作をカスタムできない

SOUNDPEATS Air4を使ってみての感想

SOUNDPEATS Air4」はインナーイヤー型で軽い付け心地がよく、耳への負担が少ないので気軽に使える。
それでいて、値段を大きく超える高音質なのが最大の魅力。
3,000~4,000円ぐらいの安価なイヤホンしか使ったことがない人は衝撃を受けると思います。

遮音性&ノイズキャンセリング効果はほぼ無く、音漏れが少しするので室内で使うイヤホンに向いています。

マイク通話性能はちょっと残念かな。
リモートワークのWeb会議で常用はしにくいレベル。

アプリのイコライザーの効果はかなり強いです。
設定次第ではイヤホンのキャラクター性がガラッと変わります。
中低音もしっかり出せるので迫力あります。

これで、9,000円を切ってくるのはなかなかのコスパ。

created by Rinker
完全ワイヤレスイヤホン 軽い付け心地のインナーイヤー型
マルチポイント機能 ノイズキャンセリング機能 Snapdragon Sound対応

カナル型になりますが、コスパ最強の音質を求めるなら「SOUNDPEATS Opera 05」がオススメです。

こちらもCHECK

「SOUNDPEATS Opera 05 レビュー」鬼コスパの高音質が魅力の完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、外出時はイヤホンのノイズキャンセリング機能に頼りっきりなSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 BA型ドライバー2基&ダイナミック ...

ガジェット レビュー記事

2024/2/24

【ロボット掃除機とテレワーク】ちょっとした空き時間に掃除をする

ロボット掃除機を購入。テレワークの空き時間を活かせるように ロボット掃除機とは その名の通り、自動的に動いて掃除してくれるロボットです。 2002年に発売された世界初のロボット掃除機「ルンバ(アイロボット社)」が有名です。 購入した理由は? ロボット掃除機の購入前は1週間に一度の頻度で、キャニスター型の掃除機(ケーブル付き)で自宅を掃除していました。 休日に「よし、やるか!」と、ちょっと気合を入れてやる、これがなかなかに疲れる家事仕事…。 知り合いがロボット掃除機を使っていて「便利よ~」と聞いていたので、 ...

ReadMore

2024/2/17

「R3 カラーキーキャップセット レビュー」リアルフォースR2に交換

こんにちは、東プレ リアルフォースを過去に3台買っているSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 現在、東プレの高級キーボード「REALFORCE A R2A-JP4-BK」を使っています。 キーキャップが墨色印字で見づらかったので「R3 カラーキーキャップセット ホワイト」に交換しました。 しばらく使ってみたのでレビューします。 この記事では、東プレ公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。 メリット デメリット 自分好みの見た目にカ ...

ReadMore

2024/2/25

「SwitchBot K10+ レビュー」小は大より優れる!驚異的に小さいロボット掃除機

こんにちは、ロボット掃除機の便利さを知ってからスマートホーム化を進めているSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 Anker Eufy 最上位モデルのロボット掃除機を使っていて「家事が一つ減って便利だなぁ」と思っていたらスゴい製品が出てきました。 世界最小級である直径約25 cmのロボット掃除機「SwitchBot K10+スイッチボット ケーテン プラス」 トップ画像のように、2リッターのペットボトルと並べてもわかる驚きの小ささ! 「小さいと色々 ...

ReadMore

2024/2/24

Webカメラ用ライトをPCに付けると、オンライン会議で映える!【Yarra】

こんにちは、部屋の広さ以上の明るさがあるシーリングライトが無いと心許ないSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 「カメラは照明が大事!」というのは、よく耳にします。 12畳用シーリングライト&「間接照明用LEDテープライト」で十分な明るさを感じていたので、そのままWeb会議をやってきました。 しかし、Webカメラ用ライトはリモートワーク特化ブログなら避けては通れない道なので、安価な「Webカメラ用ライト」を一度試してみることにしました。 メリット ...

ReadMore

「ロジクール G Blue Yeticaster BM400Cを紹介する記事」のバナー

2024/2/24

「Blue Yeticaster レビュー」BM400C/Compass

こんにちは、ちょっと派手目のガジェットが好きなSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 普段のテレワークでは、USBマイク「ロジクール Blue Yeti X」を使っています。 Yeti Xは純正マイクスタンドが立派な作りなので、買ってからずっとマイクスタンドで使っていました。 最近、知り合いがマイクアームスタンド Blue Compassを購入したのを見て「カッコイイ・・・」と感じ、「同じのを買っちゃおう!」となりました。 Compassだけでなく ...

ReadMore

2024/2/17

「Lenovo ThinkBook 13x Gen2 レビュー」鬼コスパなモバイルノートPC(2023年)

こんにちは、PC歴20年以上のリモートワーカーSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 鬼コスパのモバイルノートPC「Lenovoレノボ ThinkBookシンクブック 13x Gen2」を買っちゃいました! 13.3インチで2560x1600の高解像度・sRGB100%の広色域・IPSパネルで発色抜群と、なかなかの高画質ディスプレイ。 Intel Core i5-1235U、メモリ16GB、NVMe SSD 512GB、Wi-Fi 6E対応で、ビジ ...

ReadMore

Webカメラの画質・性能比較で、撮影テストで映る若い男性

2024/2/24

テレワークでWebカメラの画質アップする間接照明!簡単設置でオシャレなライト

テレワークでWeb会議をしていると、Webカメラに映る自分の顔が暗く見える・・・。 天井のシーリングライトは点いているんだけど・・・。 見た目は悪いよりも、良い方が得をするのが世の常。 ちょっとの工夫でWebカメラの画質はアップできるので、簡単にやっちゃいましょう。 ただし、リングライトを使うとか一般的なやり方ではありません。 照明を追加することで、Webカメラの画質はアップする! Webカメラにとって明るいは正義!(適度な明るさ) 「Webカメラは照明を追加すると画質アップする!」っていうのはよく聞く話 ...

ReadMore

2024/1/17

【レノボ ThinkPad E14 Gen2 レビュー】Thinkbook

テレワークで低スペックPCを使っていると、ストレスがたまりまくる・・・。 サクサク動くハイスペックPCが欲しい! 私が2020年8月に買った、テレワーク向けの高コスパなノートPC【レノボ ThinkPad E14 Gen2】を紹介したいと思います。 自作PC歴20年なのでPCにはうるさい方です。 ノートPC購入の動機【こぢんまりWebデザイナーの使い道】 こぢんまりWebデザイナーとは? 一人で完結できるコンパクトな依頼を好んで受けている、こじんまりWebデザイナーのSafe Havenです。 チームワー ...

ReadMore

2024/2/24

「山田照明 Z-N1100 レビュー」スタイリッシュなデスクライト

こんにちは、起きてから寝る直前までデスクライトを点けているSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 テレワークで部屋の天井にある照明だけでPC作業をしていると、手元が暗くて目が少しずつ疲れてきます。 長期間続けると視力の低下にもつながる可能性あり。 デスクライトがあると手元がハッキリ見えて、目が疲れにくいです。 テレワークと じっくり向き合うならデスクライトの導入をしておきたい。 私が使っているデスクライト「山田照明 Z-LIGHT Z-N1100」 ...

ReadMore

大量の電源ケーブル類を整理して、ケーブルを見えないよう隠しているPCデスク環境

2024/2/24

【デスク環境の整理術】ケーブル&収納を工夫すると見た目が全然変わる

こんにちは、電源ケーブル類が見えているのは生活感がでるので、できるだけ隠したいSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 PCデスク環境を整えていくと、必ず壁に阻まれるのがケーブルと収納の問題。 ケーブルと収納をきちんと整理整頓しておくと使いやすいし、何より気持ちが良い。 私のPCデスク環境構築でのケーブル&収納の整理整頓を紹介します。 【PCデスク環境】の電源ケーブル周りは工夫して隠す ケーブルジャングル PCデスク右奥から、太いケーブルがチラッと見 ...

ReadMore