広告 PCデスク周り ガジェット レビュー リモートワーク

「R3 カラーキーキャップセット レビュー」リアルフォースR2に装着

2023年3月29日

リアルフォースR2を「R3カラーキーキャップセット」に交換したところ

こんにちは、東プレ リアルフォースを3台買っているSafe Havenセーフヘイブン@KEF47223925)です。

現在、東プレ REALFORCE A R2A-JP4-BKを使っているんですが、キーキャップが墨色印字で見づらかったので「R3 カラーキーキャップセット ホワイト 129キー」に交換しました。
しばらく使ってみたのでレビューします。

東プレ リアルフォースのことをすでに知っている人は、目次3:東プレ REALFORCE A R2A-JP4-BK を使っています から読むのをオススメします。

この記事では、東プレ公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。

メリット デメリット
自分好みの見た目にカスタムできる
かな表記なしになる
耐久性の高い昇華印刷になる
墨色印字からの交換だと刻印が見やすくなる
値段が高い(参考価格:11,880円、5,830円)
R3 / R3S 以外だと交換できないキーキャップが一部ある
カラーによっては在庫切れが多い
キーキャップ個別のバラ売りはしていない
created by Rinker
日本語配列 129キー かな無し スーパーホワイトM0373J
昇華印刷 フルサイズ(テンキー付き) カスタムパーツ 7色
created by Rinker
日本語配列 54キー かな無し ブラック M0384J
昇華印刷 英数字のみ カスタムパーツ 7色あって悩む

東プレ リアルフォースとは

日本製 高級キーボードの最高峰

リアルフォースのロゴ

日本メーカーの東プレが発売しているPC向けプレミアムキーボード「リアルフォース(REALFORCE)」

近年、日本でもe-Sportsが盛り上がってきていてPCゲーミングデバイスは価格高騰し、ゲーミングキーボードで20,000円を超える製品は珍しくなくなりました。
ですが一般的な用途(仕事・作業・プライベートなど)向けのPCキーボードで、20,000円を超えるものはほとんど無いです。

一般用途向けのリアルフォースは新品価格だと20,000円以上が相場なので高級キーボード(プレミアムキーボード)のカテゴリに入ってきます。

静電容量無接点方式の構造

なぜそんなに高価なのかと言うと、一番の理由としては「静電容量無接点方式」を採用しているのが大きいです。
使っている部品点数が多く、部品単価も高いので高価格になってしまう。

この静電容量無接点方式を採用しているPCキーボードは市場にあまり出回っておらず、世界的にもレアな存在。

キーキャップ(キートップ)とは

PCキーボードのキー上面(文字・数字・記号が刻印されている)の部品を「キーキャップ」と呼びます。
別名「キートップ」とも呼ばれますが、厳密に言うとキートップはキーキャップの上面(刻印されている面)だけを指します。
英語ではKeycapsと表記されます。

リアルフォースのキーキャップの印字には2つ方式があって、

  • 昇華印刷(10年以上使っても刻印が消えにくい。キートップは少しザラザラした感触)
  • レーザー印刷(数年使うと刻印が薄れてくる。キートップは少しツルツルとした感触)

の2種類があります。

キータッチは、昇華印刷の方が私好みです。

東プレ REALFORCE A R2A-JP4-BK を使っています

黒、日本語配列、かな無し、テンキー付、ALL45 g、非静音、APC、有線

リアルフォース R2A-JP4-BK

リアルフォース 第2世代(R2A-JP4-BK)

私の使っているREALFORCE A R2A-JP4-BKは、ブラック・日本語配列・かな表記なし・フルサイズ(テンキー付き)・キーの重さ45 g・非静音・APC対応・有線(ケーブルあり)

東プレ リアルフォースは非常に豊富なラインナップが揃っています。

こちらもCHECK

「東プレ リアルフォース R2A-JP4-BKを紹介する記事」のバナー
「東プレ リアルフォース」クセになる打鍵感で快適テレワーク

こんにちは、PC歴20年以上でキーボードを20台近く使ってきたSafe Havenセーフヘイブン(@KEF47223925)です。 その中でも使い心地がよくて、リピートして買っている「東プレ リアルフ ...

続きを見る

第2世代(R2)は気に入っている

無駄な余白が無く、シャープなデザイン

リアルフォース R3

リアルフォース 第3世代(R3)

リアルフォース R2

リアルフォース 第2世代(R2)

リアルフォースは2022年に第3世代(R3)が発売されました。
ちなみに第2世代(R2)は2017年発売。初代は2001年ごろ発売。
第3世代(R3)で大きく進化した点としては「ハイブリッド接続対応(無線接続可:Bluetooth)」になったこと。
第2世代(R2)までの、太く存在感のあるUSBケーブルが要らなくなったのを歓迎する人は多いです。
しかし、バッテリーやBluetooth送信機を搭載させるためなのか、キーボード本体の外枠に余白が太くて隅が曲線になり、ぼんやりとした緩い印象のデザインになってしまった。
これには一部のリアルフォース ファンがブーイング。

R2のキーボード外枠の余白が細く、角張ったシャープなデザインが好きなファンは一定数いて、無線対応モデルが欲しいけど見た目が好みじゃない人は、有線モデルを使い続けている人が一定数いるようです。
ちなみに私もそのうちの一人。

R2のデザインで無線対応モデルを発売して欲しい。

打鍵感がとにかく気持ち良い

さわって気持ちのいい感触

リアルフォースが採用している静電容量無接点方式は打鍵感(キータッチ)が独特。
キーを押下すると、若干のモチッとした弾力性(抵抗)を感じつつ、スッと沈み込んでいく。
擬音で例えるとスコスコスコといった感じ。
東プレ リアルフォース公式サイトではフェザータッチと銘打たれています。

PCキーボードの他にある構造方式(メンブレン、メカニカル、パンタグラフ)と比べると、独特なキータッチ感覚を味わえます。

リアルフォースの打鍵感にハマるとタイピングが気持ち良く感じ、肉体的疲労やストレスを感じにくいです。※個人的感想

私はリアルフォースの中毒性あるキータッチに慣れてしまって、他のPCキーボードでタイピングすると疲れやすい体になってしまいました。

APC機能は用途に合わせて選ぶ

リアルフォース APC機能

リアルフォース第2世代(R2)から搭載されたAPC(アクチュエーション ポイント チェンジャー)機能は、キーを押して実際にPCへ入力される認識位置の深さを変更可能。

リアルフォースのキーストローク(キーを押し込める深さ)は4 mm。
通常だと、キーを一番押し込んだところでキー入力を認識する。
その認識するストロークポイントを、1.5 / 2.2 / 3.0 mmの深さで変えられるのがAPC機能。(R3だと0.8 mmも選択可能)

浅めの1.5 mmに設定してると、キーを少し押しただけで入力される。
レスポンスが非常にいいので、0.1秒単位の反応を求められるPCゲーム(特にFPSゲームや音ゲー)に向いている。
逆に普段時のタイピングで1.5 mmにしていると、キレが良すぎてミスタッチが増えるので2.2 mmに設定しています。

APC機能は無くても気持ち良くタイピングできるので、予算を少しでもケチりたい人はAPC非搭載モデルを買うのもアリ。

第3世代(R3、R3S)は好みじゃない

リアルフォース R3S

リアルフォース 第3世代 有線モデル(R3S)

前述したように「リアルフォース第3世代(R3)」は無線対応になって良きなんだけど、いかんせんデザインがいまいち。

リアルフォース第3世代の有線接続モデル(R3S)」は、ぱっと見はリアルフォース第2世代(R2)と同じ外観。

しかし、キーキャップの刻印はレーザー印刷のモデルしか存在せず(2023年3月時点)、数年使っていると刻印が薄れゆく運命。

しかも第3世代(R3 / R3S)は全て かな表記あり なので、時代が古い印象を受ける。※Mac向けはかな表記なし」

私の使っているREALFORCE A R2A-JP4-BKは、今となっては貴重な かな表記なしモデル。

リアルフォースのキーキャップ「墨色印字」はかなり見づらい

キーキャップの黒地に墨色印字は見づらい

リアルフォース R2A-JP4-BK

リアルフォース 第2世代 R2A-JP4-BK(APCあり)

私が使っているリアルフォース R2A-JP4-BKはキーキャップの印字が墨色。

タッチタイピングは大体できるんですが、一部の記号キーは苦手で目視してタイピングしています。
その目視しようとしたときに墨色印字はかなり見にくい。

特に夜間、デスクライトだけでタイピングするときにほとんど見えない。

墨色印字のキーキャップ

リアルフォースやHHKBの墨色印字モデルは、基本的にタッチタイピングが全キー対応できる人向けの製品という位置付けなんでしょう。
東プレ「無刻印はやり過ぎだから、補助としてひっそり墨色印字しておくね。」って感じでしょうか。

PCデスク環境の写真撮影時には、無刻印キーボードみたいに映って玄人っぽさがあり、その点では好きなんですけどね。

かな表記なし なのはシンプル&スタイリッシュで良い。
刻印が消えにくい昇華印刷なのもポイントが高い。

リアルフォース R2-JP4-BK

リアルフォース 第2世代 R2-JP4-BK(APCなし)

リアルフォース 第2世代(R2)で、APC機能が無いモデルREALFORCE / R2-JP4-BKなんかは黒地に見やすい刻印がされていました。

でも悲しいかな、レーザー印刷なのよね…。

ケーブルは工夫して、目立たないようカモフラージュ

リアルフォースのUSBケーブル

PCデスクにDIYでシールを貼ったときの端材で、リアルフォースの太く黒いUSBケーブルが目立たないように巻き付けました。

少し違和感はあるけど、何もしないよりはUSBケーブルの存在感は明らかに減りました。

こちらもCHECK

DIYシールで表面が綺麗に張り替えられたPCデスク
テレワークに使っているデスクを、簡単にDIYシールでオシャレ!

コロナ禍以降、テレワークで自宅にて仕事する人は急増しました。 急遽、会社にテレワークを命じられて、多くの人が困ったのがPCデスクやチェアが自宅に無いこと。 テレワークが広まった当初は、リビングの食卓や ...

続きを見る

「R3 カラーキーキャップセット」ホワイト 129キー を購入

前置きがすごーい長くなりましたが、「R3 カラーキーキャップセット ホワイト 129キー」を買いました。

購入ポイント

  • キーキャップの刻印を見やすくする
  • 昇華印刷で10年使っても消えにくい刻印&若干ザラザラとした手触り
  • かな表記なし でスマートにする
  • ブラック&ホワイトでパンダ仕様にする

このあたりが買った理由です。
キーキャップだけで値段が10,000円以上!
しかし、リアルフォース好きだと買ってしまう価格。

東プレの販売戦略、恐るべし。

R3 カラーキーキャップセット」の同梱物はキーキャップ129キー、取扱説明書(保証書)、キープラー(キーを抜き抜く道具)。

リアルフォース キーキャップ交換方法(外し方)

交換したいキーキャップにキープラーをセットして、少し力を入れて真上に引っこ抜くとキーが外れます。

スペースキーが難所。
最後にスペースキーを外す前提で、片方にキープラーをセットして、もう片方を指で上げると外せます。
中央に小さなバネがあるので無くさないように注意。

「R3 カラーキーキャップセット」に交換レビュー

キーキャップの刻印がすごい見やすくなった

白色キーキャップに黒色の刻印はコントラスト抜群でハッキリ視認できます。
夜間のデスクライトだけでの作業時でも余裕で見えます。
キーキャップの刻印が見えづらい問題は無事に解消されました。

かな表記なし なので余白が感じられスッキリしている。
R3 カラーキーキャップセット」は昇華印刷なので耐久性もバッチリ。

実はリアルフォース R3 / R3Sは、Mac向けモデルをのぞいて全て かな表記あり。
Windowsでリアルフォース R3 / R3Sを かな表記なし で使いたいなら、「R3 カラーキーキャップセット」に交換するしかない。

R2には「R2対応カラーキーキャップセット」があるんだけど、かな表記あり な上にホワイトカラーが無かったのでやめました。

一部のキーは交換できない

スペースキー、Windowsキー、FNキーを並べた

事前に調べて分かっていたことですがREALFORCE A R2A-JP4-BKだと、スペースキー・Windowsキー・FNキーは大きさが違い交換できませんでした。

  • スペースキーは、R2よりR3のほうが幅が狭い。
  • Windowsキー・FNキーは、R2よりR3のほうが幅が大きい。

今回紹介した東プレの「R3 カラーキーキャップセット」は日本語配列用なので、英字配列キーボードだと更に交換できないキーが増えます。(エンターキー、シフトキー、バックスペースキー等)
なおこの記事を書いている2022年3月時点では、東プレの「R3 カラーキーキャップセット(英字配列用)」の製品は発売されていません。

レビューまとめ:自分好みのリアルフォースにカスタムできる

メリット、長所

 自分好みの見た目にカスタムできる

 かな表記なし になる

 刻印が耐久性の高い昇華印刷になる

 墨色印字からの交換だと、キートップの刻印がすごく見やすくなる。(タイピングミスが減る)

 R2(第2世代)でも、ほとんどのキーキャップは交換可能

 R1(第1世代)でも、大体のキーキャップは交換できそう(推測)

 HHKBにも互換性あり

デメリット、弱点

 値段が高い(参考価格:129キーは11,880円、54キーは5,830円)

 R3 / R3S 以外だと交換できないキーキャップが一部ある

 カラーによっては需要に追いつかず在庫切れが多い(特にホワイト

キーキャップ個別のバラ売りはしていない

向いている人

リアルフォース / HHKBのキーキャップの色を変えたい

今回の記事のように、キートップを墨色印字から見やすくしたい

キートップの刻印を かな表記なし にしてスッキリさせたい

刻印をレーザー印刷から、耐久性の高い昇華印刷に変えたい

「R3 カラーキーキャップセット(129キー)」を買ってみての感想

前述していますが、キーキャップの刻印がすごい見やすくなったのが良かったです。
明らかにタイピングミスが減りました。特に夜間。
苦手な記号キーを押すのも早くなったので、タイピングスピードも少し上がったように感じます。
私に墨色印字はまだ早かった・・・。

キーキャップ交換前のブラック一色も渋くて良かったですが、白黒パンダ仕様もカスタムしてる感があって良きです。

キーキャップセット」だけで、結構良いPCキーボードが1台買えるほどの値段がしましたけど満足しています。

created by Rinker
日本語配列 129キー かな無し スーパーホワイトM0373J
昇華印刷 フルサイズ(テンキー付き) カスタムパーツ 7色

ローマ字、数字部分のキーだけの「カラーキーキャップセット(54キー)」もあります。

created by Rinker
日本語配列 54キー かな無し ブラック M0384J
昇華印刷 英数字のみ カスタムパーツ 7色あって悩む

おすすめ記事

2021年下半期~2023年上半期までの、テレワーク情報まとめたのを説明したバナー

リモライフ休止中のテレワーク、リモートワーク関係の情報まとめ

リモライフ内の過去記事のリライト、細かな整備が終わったので新規記事を少しずつ投稿していこうと思います。 久しぶりに記事を書くので筆がなかなか進まない・・・。 まずはリモライフを休んでいた間のテレワーク、リモートワーク関係の情報をザッとまとめてみました。 コロナ禍でのテレワーク、リモートワークの移り変わり コロナ禍に入った直後あたりのテレワーク、リモートワーク 2020年2月頃から日本中がコロナで大騒ぎになり「会社に出社できない!」 「じゃあ出社しないで仕事できるようにするにはどうしたらいい!?」という流れ ...

「ダイキン 空気清浄機 MC55Xを紹介する記事」のバナー

「ダイキン 空気清浄機 MC55X レビュー」ニオイ・花粉ストレスから解放

テレワークで在宅の仕事をしていると、同じ部屋で長時間働くことになります。 テレワークする部屋で、ニオイの強い料理、ホコリっぽい、カビっぽい、などという臭さを感じると無意識にストレスを感じてしまいます。 そんな部屋に漂う嫌なニオイを消して、快適な空気にしてくれる電化製品が空気清浄機! 私が使っているダイキン 空気清浄機 MC55Xをレビューします。(1年半使用) この記事では、ダイキン公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。 メリット デメリット 部屋に漂う嫌なニオイを消してキレイな空気に浄 ...

ロボット掃除機「Anker Eufy RoboVac X8 Hybrid」がいつも置かれている場所にある状態

【ロボット掃除機とテレワーク】ちょっとした空き時間に掃除をする

ロボット掃除機を購入。テレワークの空き時間を活かせるように ロボット掃除機とは その名の通り、自動的に動いて掃除してくれるロボットです。 2002年に発売された世界初のロボット掃除機「ルンバ(アイロボット社)」が有名です。 購入した理由は? ロボット掃除機の購入前は1週間に一度の頻度で、キャニスター型の掃除機(ケーブル付き)で自宅を掃除していました。 休日に「よし、やるか!」と、ちょっと気合を入れてやる、これがなかなかに疲れる家事仕事…。 知り合いがロボット掃除機を使っていて「便利よ~」と聞いていたので、 ...

Amazonで買い揃えた、たくさんのカッコいい・可愛い雑貨小物

【PCデスク周りのオシャレ雑貨品】ほぼAmazonで買えるアイテム

デスク、椅子、PCと買い揃えた。 しかし何かが足りない・・・。 「部屋の雰囲気だー!」 部屋の雰囲気が変わるだけで集中しやすさ、リラックス度が変わってきます。 PCデスク周りの雰囲気作りには、インテリアの雑貨が簡単。 私が使っている オシャレ雑貨を紹介します。 【PCデスク環境晒し】イベントで入賞した経験あり 2020年末に、PC&ガジェット系サイト「DIGITAL DIY」で、PCデスク環境の晒し写真イベントにエントリー。 結果はなんと・・・Creative賞1位を受賞!(「Adobe CC1年分」を頂 ...

「AZUMAYA スツール トロペ レビュー」可愛らしい北欧風のオットマンにもなる椅子

こんにちは、オシャレな椅子が好きなSafe Havenセーフヘイブン(@KEF47223925)です。 自宅でのテレワークで椅子にずっと座っていると足を伸ばしたい・・・。体勢を変えたい・・・。 そんな時があると思いますが、メインの椅子がすでにあるならオットマン(足置き)を追加すると足の疲労がかなり軽減されます。 北欧チックなデザインで、椅子にもオットマンにもなる「AZUMAYAあずまや スツール トロペ」をレビューします。 スツールとは背もたれのない椅子のことを呼びます。 メリット デメリット 北欧チック ...

「東プレ リアルフォース R2A-JP4-BKを紹介する記事」のバナー

「東プレ リアルフォース」クセになる打鍵感で快適テレワーク

こんにちは、PC歴20年以上でキーボードを20台近く使ってきたSafe Havenセーフヘイブン(@KEF47223925)です。 その中でも使い心地がよくて、リピートして買っている「東プレ リアルフォース」というキーボードがあります。 打鍵感、キー配列、サイズ感、本体重量のバランスがいい。 特に「打鍵感」は独特でハマる人が多く、昔から人気が高いキーボードです。 なぜ、このリアルフォースを現在使っているかちょっと語らせてください。 「東プレ リアルフォース」R2A-JP4-BKを使ってます 東プレ リアル ...

「R3 カラーキーキャップセット レビュー」リアルフォースR2に装着

こんにちは、東プレ リアルフォースを3台買っているSafe Havenセーフヘイブン(@KEF47223925)です。 現在、東プレ REALFORCE A R2A-JP4-BKを使っているんですが、キーキャップが墨色印字で見づらかったので「R3 カラーキーキャップセット ホワイト 129キー」に交換しました。 しばらく使ってみたのでレビューします。 東プレ リアルフォースのことをすでに知っている人は、目次3:東プレ REALFORCE A R2A-JP4-BK を使っています から読むのをオススメします ...

Webカメラの画質・性能比較で、撮影テストで映る若い男性

テレワークでWebカメラの画質アップする間接照明!簡単設置でオシャレなライト

テレワークでWeb会議をしていると、Webカメラに映る自分の顔が暗く見える・・・。 天井のシーリングライトは点いているんだけど・・・。 見た目は悪いよりも、良い方が得をするのが世の常。 ちょっとの工夫でWebカメラの画質はアップできるので、簡単にやっちゃいましょう。 ただし、リングライトを使うとか一般的なやり方ではありません。 照明を追加することで、Webカメラの画質はアップする! Webカメラにとって明るいは正義!(適度な明るさ) 「Webカメラは照明を追加すると画質アップする!」っていうのはよく聞く話 ...

スタリッシュなデスクライト「山田照明 Z-N1100」 がセッティングされたPCデスク環境

「山田照明 Z-N1100 レビュー」スタイリッシュなデスクライト

テレワークで部屋の天井にある照明だけでPC作業をしていると、手元が暗くて目が少しずつ疲れてきます。 長期間続けると視力の低下にもつながる可能性あり。 デスクライトがあると手元がハッキリ見えて、目が疲れにくいです。 テレワークと じっくり向き合うならデスクライトの導入をしておきたい。 私が使っているデスクライト「山田照明 Z-LIGHT Z-N1100」を長期レビューします。(4年以上使用) この記事では、Z-LIGHT公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。 メリット デメリット 見た目の ...

「テレワークに最低限必要なもの3つ 紹介記事」のバナー

テレワークに最低限必要なもの3つ

ひきこもりライターの流浪の民です。 みなさんはテレワークをはじめるにあたって、どんなものが必要かと悩んでいないでしょうか? 結論から言えば、パソコン(PC)環境とネットワーク環境さえあれば、テレワークはどこにいてもできます。 今回の記事では、テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)をはじめるために最低限必要なものをご紹介します。 この記事を読めば、テレワークに最低限必要なものがわかり、スムーズにテレワーク(リモートワーク)をはじめられると思います。 テレワークをはじめるために必要なPC テレワーク(リモート ...