PR リモートワーク 便利なPCソフト

Orchisの使い方ガイド | デスクトップをスッキリ整理できて、PC作業効率が上がるランチャーソフト

2023年12月28日

こんにちは、デスクトップ画面にアイコンが大量にあるとストレスを感じるSafe Havenセーフヘイブンプロフィールお問い合わせ@KEF47223925)です。

デスクトップ画面のアイコン整理や、よく使うソフト・フォルダ・ファイルをすぐに呼び出せるランチャーソフトの「Orchisオーキス」を紹介します。

ランチャーとは「PCにインストールされているアプリケーションを一覧表示して素早く起動できる機能」

アップデートは長らく停止していますが、Windows11でも使えます(macOSは非対応)

Orchisの使い方を詳しく説明していきます。

メリット デメリット
デスクトップ画面を整理できてスッキリ
よく使うソフト・フォルダ・ファイルをすぐ開けて、PCの作業効率が向上する
特になし

Orchisの特徴

ポップアップ型のランチャー

Orchis デスクトップ 呼び出し

ランチャー機能として、よく使うソフト・フォルダ・ファイルをメニューに事前登録をしておくことで、PCを操作している好きなタイミングでランチャーウインドウを呼び出せます。

あらかじめ、メニューをジャンルごとに登録・整理しておくことで、探し出すのに無駄な時間が省けます。

ランチャー機能以外に、階層型のファイラー機能もあるよ。

Windows デスクトップ 整理 アイコン

Orchisをしっかり設定することで、デスクトップ画面のアイコンを一気に減らすことができます。

現在、私のデスクトップ画面のアイコンは5つだけです。

ゴミ箱が異常に大きいのが気になった人はコチラの記事をどうぞ

こちらもCHECK

フリーソフトで作業効率が劇的に上がって驚く女性
【PC作業効率UP!】時短・整理・便利・管理系フリーソフト19選

こんにちは、ブロガー歴15年+リモートワークのWebデザイナー3年、合わせて自宅での仕事歴が20年近いSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 ...

色々な方法でランチャーを呼び出せる

  • マウスボタン
  • マウスポインターの位置(画面端)
  • 小窓アイコン
  • キーボード操作
  • マウス&キーボードを組み合わせ

など、自分に合った方法でランチャーウインドウを呼び出せます。

ゲーミングマウスの多ボタンでの呼び出しがオススメ。

複数のランチャーを作成できる

Orchis 複数 ランチャー

ランチャーウインドウは1つだけでなく複数作成することができます。

仕事用、プライベート用、趣味用など用途に合わせて作成しておくと作業効率がさらに向上するかもしれません。

私はランチャーウインドウを1つで運用していますが、1つでも絶大な効果を感じます。

Orchisのダウンロード、インストール

ダウンロード、インストール

Orchis ダウンロード

窓の杜」からOrchisのアプリケーションがダウンロードできます。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。

解凍したフォルダを開きます。

PCで使っているWindowsが64bit版なら「x64」、32bit版なら「x86」のフォルダを開きます。

現在主流であるWindows11は64bit版なので「x64」のフォルダを開きます。

「ocsetup.exe」ファイルをダブルクリックして実行。

Orchis 通常版 ポータブル版

Orchisを1台のPCで使うなら「Orchis通常版」を選択。

USBメモリやクラウドを使って、2台以上のPCで【同じ絶対パス】で使うなら、「Orchisポータブル版」を選択するのもいいと思います。

通常は「Orchis通常版」を推奨。

Orchis使用許諾条項の確認ウインドウ。

「使用許諾条項に同意する」、「条項に変更がない限り次回以降は表示しない」にチェック。

「続行」をクリック。

Orchis インストール先

Orchisのインストール先の指定。

通常はそのまま「インストール」をクリック。

インストール先を変更したい場合は、参照ボタンから変更。

「はい」をクリック。

Orchis 初期設定

Orchisの初期設定ウインドウ。

空のランチャでスタート』をチェック。

「設定開始」をクリック。

Orchis タスクトレイ

タスクトレイにOrchisアイコンが表示されたらインストール完了です。

アンインストール

現在主流であるWindows11で説明します。

「設定」「アプリ」「インストールされているアプリ」をクリック。

Orchis アンイストールOrchisの項目を見つけて、「アンインストール」をクリック。

 

Orchisアンインストールのウインドウ。

Orchisのプログラムを削除したい場合は、「Orchisをコンピュータから完全にアンインストール」を選択。
通常のアンインストールはコチラ。

Orchisの設定情報だけを削除したい場合は、「プログラムを残したまま、このユーザの設定情報のみ消去」を選択。

 

Orchisの設定ファイルを保存しておきたい場合は「はい」をクリック。
指定先に設定ファイルを保存できます。

設定ファイルを保存しない場合は「いいえ」をクリック。

以上で、Orchisのアンインストール完了です。

Orchisの使い方

ランチャーウインドウを呼び出す(初期設定)

初期設定では、デスクトップ画面で何もないところをダブルクリックするとランチャーウインドウを呼び出せます。

キーボードで「Ctrl + Alt + Space」の各キーを同時に押しても呼び出せます。
こちらはデスクトップ画面以外でも呼び出し可能。

ランチャーの登録

ランチャーウインドウの左上にあるボタンをクリックすると、ランチャーウインドウが「常に表示」されるようになります。

Orchis ドラッグ&ドロップ

常に表示した状態で、登録したいフォルダ・ファイル・ソフトをランチャーウインドウ内にドラッグ&ドロップするとメニューに登録ができます。

ランチャーを整理する

適当に何でもかんでもランチャーに登録しているだけでは作業効率が上がりません。
ランチャーのメニューを整理しておくことで圧倒的に使いやすくなります。

子ウインドウ・孫ウインドウを開かない

Orchis 子ウインドウ 孫ウインドウ

「子ウインドウを開かない」は、登録しているショートカットフォルダの直下階層をメニューで直接開かないようにできます。

「孫ウインドウを開かない」は、登録しているフォルダの直下階層から先の階層をメニューで直接開かないようにできます。(2階層下以上)

どちらも登録しているショートカットフォルダ内にあるファイル数が多い場合に使うと、整理されて使いやすくなります。

登録フォルダの上にマウスポインターを乗せても、中のファイルが見えなくなるよ。

登録名の変更

Orchis 登録名の変更

「登録名の変更」で、ランチャーウインドウに登録している名前を変えることができます。

「◯◯ - ショートカット」のショートカット、「◯◯.txt」の.txtといった拡張子など、不要な部分を省くとメニューが一気に見やすくなります。

ランチャーで表示されている名前が変わるだけで、実際のフォルダやファイルの名前は変わらないよ。

ランチャから削除

Orchis ランチャから削除

「ランチャから削除」でランチャーウインドウに登録しているフォルダやファイルを削除できます。

使わなくなったフォルダやファイルは削除して整理しておきましょう。

ランチャーから消えるだけで、実際のフォルダやファイルは消えないよ。

直前にセパレータを挿入

Orchis セパレータ

「直前にセパレータを挿入」でメニューリストに区切り線を入れることができます。

ジャンルやカテゴリごとに区切り線で分けると、一瞬で見分けがつきます。

区切り線がないと少し迷って、若干のストレスになる気がします。

直前にサブメニューを挿入

Orchis サブメニュー

「直前にサブメニューを挿入」でメニューリストにサブメニューを入れることができます。

サブメニュー内にフォルダやファイルをドラッグ&ドロップできて、ジャンルやカテゴリを好きなようにまとめられます。

「サブメニュー」の名前変更もできます。

私は使ってませんが、メニューを徹底的に整理したい人は便利そう。

ランチャーの新規作成

Orchis ランチャの新規作成

タスクトレイのアイコンを右クリックして、メニューの中から「ランチャを新規作成」を選択。

「ランチャの新規作成」ウインドウが出るので、新しいランチャーの名前を入力。

名前入力後に新しいランチャーウインドウが現れるので、最初と同じように用途に合わせてソフト・フォルダ・ファイルを登録します。

ランチャーウインドウごとで、使いやすい呼び出し方法を登録しておきましょう。

Orchisのオススメ設定

UIをシンプルデザインにする

マージン(余白)を少し空ける

Orchis マージン

設定  ウインドウの外見  配置。

初期状態だと「項目の上下のマージン」が0 pxなので5 pxほど空けます。
液晶モニターの解像度に合わせて微調整してください。

これだけでもランチャーウインドウがスッキリとした見た目になります。

ファイラー表示を減らす

Orchis ファイラ機能

初期状態だとファイラー機能が、各フォルダ階層に表示されるのでゴチャゴチャした見た目になっています。

ファイラー機能は最低限でいいので、設定  ファイラ機能から

・ひとつ上のフォルダ
・自分自身

のチェックを外します。

シンプルデザイン完成

項目ごとに上下に余白が空いたので、スッキリとした見た目になりました。
ジャンルごとにセパレーションで区切っても見やすい。

設定  ウインドウの外見  全般
で「ウインドウに影をつける」と「半透明にする」をチェックして、若干透明することで少しモダンな見た目にできます。
CPU負荷が若干増えるので、PCスペックが低い場合はランチャーの呼び出しが遅くなるので注意。

設定  ウインドウの外見  色・フォント
で「独自の色を設定する」や「フォント」を変更することで、自分好みにカスタムができます。

マウスの多ボタンでランチャーを起動

ゲーミングマウス

通常のマウスよりボタンの多いゲーミングマウスなどは、マウスメーカーが出しているソフトウェアでちょっとしたマクロ機能を使えるものが多いです。

例えば、私が現在使っているゲーミングマウス「ロジクール G502 X PLUS」は、「ロジクール G HUB」というソフトウェアに対応しています。

こちらもCHECK

「ロジクール G502 X PLUS レビュー」多ボタン&持ちやすく作業効率がめっちゃ上がる高級ゲーミングマウス

こんにちは、有名FPSゲーム「BF2」を1年間で2000時間以上プレイしたことがあるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 フルモデルチェンジ ...

ゲーミングマウス マクロ

マクロといってもOrchisを呼び出すショートカットキーを登録するだけです。

マウスの使いやすい位置にあるボタンにOrchisランチャーのショットカットキーを割り当てます。

するとWindowsの右クリックメニューと同じ感じで、いつでも瞬時にOrchisを呼び出せます。

Orchis ショートカットキー 変更

Orchis初期設定時のショートカットキー「Ctrl + Alt + Space」だと、Adobe系のソフトウェアで誤動作していました。

ショートカットキーを「Ctrl + Alt + P」に変更することで対策しました。

Orchisをフルスクリーンゲーム時に起動させない

Orchis アプリケーション 起動 制限

Orchisの設定によってはフルスクリーンでゲームを遊んでいると、突然ゲーム画面にOrchisランチャーウインドウが出現することがあります。
※例として、ゲーミングマウスの多ボタンにOrchisを割り当てていると、いとも簡単にOrchisランチャーウインドウが出現します。

設定  表示の制限  アプリケーション毎の個別制限

で、Orchisを起動させたくないアプリケーションを登録しておくことで、起動させないようにできます。

ただ、プレイしているゲームの種類が多い人は登録するのが面倒なので、Orchisを終了させておくのが手っ取り早かったりします。

「Orchis」のまとめ

メリット、長所

 デスクトップ画面を整理できてスッキリ

 よく使うソフト・フォルダ・ファイルをすぐ開けて、PCの作業効率が向上する

デメリット、弱点

 特になし

向いている人

デスクトップ画面がアイコンだらけでゴチャついてしまう人

PCの作業効率を上げたい人

Orchisを使っている感想

デスクトップ画面のアイコンをスッキリと整理することで、ストレスが減って精神的に余裕が持てるようになりました。

ランチャー機能でいつも使っているソフト・フォルダ・ファイルへ即座にアクセス可能。
PC内を、あれやこれやと探している時間をずいぶんと省けます。

リモライフのオススメとしては、ゲーミングマウスの多ボタンにOrchisを割当!
Orchisを瞬時に呼び出せるようになり、Windows標準機能かのようにスムーズに使えます。
あまりにもパフォーマンスがすごいので、Orchisが使えない環境だと作業効率がガクンと落ちてしまうほど。

Orchisは数あるランチャーソフトの中でも評価は高く、完成度としては有料ソフトウェアのレベル。
この便利さが無料で使えてしまうのはオススメです。

ガジェット レビュー記事

2024/2/24

「山田照明 Z-N1100 レビュー」スタイリッシュなデスクライト

こんにちは、起きてから寝る直前までデスクライトを点けているSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 テレワークで部屋の天井にある照明だけでPC作業をしていると、手元が暗くて目が少しずつ疲れてきます。 長期間続けると視力の低下にもつながる可能性あり。 デスクライトがあると手元がハッキリ見えて、目が疲れにくいです。 テレワークと じっくり向き合うならデスクライトの導入をしておきたい。 私が使っているデスクライト「山田照明 Z-LIGHT Z-N1100」 ...

ReadMore

2024/2/24

Webカメラ用ライトをPCに付けると、オンライン会議で映える!【Yarra】

こんにちは、部屋の広さ以上の明るさがあるシーリングライトが無いと心許ないSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 「カメラは照明が大事!」というのは、よく耳にします。 12畳用シーリングライト&「間接照明用LEDテープライト」で十分な明るさを感じていたので、そのままWeb会議をやってきました。 しかし、Webカメラ用ライトはリモートワーク特化ブログなら避けては通れない道なので、安価な「Webカメラ用ライト」を一度試してみることにしました。 メリット ...

ReadMore

2024/2/24

「ロジクール G502 X PLUS レビュー」多ボタン&持ちやすく作業効率がめっちゃ上がる高級ゲーミングマウス

こんにちは、有名FPSゲーム「BF2」を1年間で2000時間以上プレイしたことがあるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 フルモデルチェンジして万人向けのデザインに変身したゲーミングマウス「ロジクール G502 X PLUS」をレビューします。(約1年使用) 持ちやすさに定評があり、13箇所ある各ボタンを簡単にカスタムでき、ワイヤレスなのに遅延を全く感じない、本格派ゲーミングマウス。 RGBの光り方が綺麗で、バッテリー持ちが良く、ゲーム以外でも圧 ...

ReadMore

2024/2/17

「Lenovo ThinkBook 13x Gen2 レビュー」鬼コスパなモバイルノートPC(2023年)

こんにちは、PC歴20年以上のリモートワーカーSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 鬼コスパのモバイルノートPC「Lenovoレノボ ThinkBookシンクブック 13x Gen2」を買っちゃいました! 13.3インチで2560x1600の高解像度・sRGB100%の広色域・IPSパネルで発色抜群と、なかなかの高画質ディスプレイ。 Intel Core i5-1235U、メモリ16GB、NVMe SSD 512GB、Wi-Fi 6E対応で、ビジ ...

ReadMore

2021年下半期~2023年上半期までの、テレワーク情報まとめたのを説明したバナー

2023/8/29

リモライフ休止中のテレワーク、リモートワーク関係の情報まとめ

リモライフ内の過去記事のリライト、細かな整備が終わったので新規記事を少しずつ投稿していこうと思います。 久しぶりに記事を書くので筆がなかなか進まない・・・。 まずはリモライフを休んでいた間のテレワーク、リモートワーク関係の情報をザッとまとめてみました。 コロナ禍でのテレワーク、リモートワークの移り変わり コロナ禍に入った直後あたりのテレワーク、リモートワーク 2020年2月頃から日本中がコロナで大騒ぎになり「会社に出社できない!」 「じゃあ出社しないで仕事できるようにするにはどうしたらいい!?」という流れ ...

ReadMore

2024/2/24

「Blue Yeti X レビュー」高音質マイク/テレワーク/BM600X

こんにちは、ある日のWeb会議で知り合いのマイク音質が変わったのに気付いたSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 聞くと「Yetiっていうマイクに変えた」とのこと。 それまでのノートPCの付属マイクと全然音質が違うやん!(すごい良い音) これは変えるっきゃない!と私もYetiを買いました。 ってことで、USB接続マイクの最高クラスである「Blue Yeti X」を長期レビューします。 ノートPCのマイク、Webカメラ付属マイク、定番の単体マイクとも ...

ReadMore

2024/2/24

「BenQ EW3280U レビュー」便利なリモコンと高音質スピーカーの4K32インチHDR液晶モニター

こんにちは、液晶モニターのデュアルディスプレイ歴が10年以上あるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 「テレワークで使われているPC」のほとんどがノートPCとの統計が出ています。 ノートPCは小さな画面なので、どうしても並列に作業をすると効率が悪いです。 そこでノートPCにモニターを追加すると、作業領域が広がって仕事の効率が一気に向上します! ノートPCと簡単接続できるリモコン付きの4K 32インチHDR液晶モニター「BenQベンキュー EW32 ...

ReadMore

2024/2/17

「R3 カラーキーキャップセット レビュー」リアルフォースR2に交換

こんにちは、東プレ リアルフォースを過去に3台買っているSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 現在、東プレの高級キーボード「REALFORCE A R2A-JP4-BK」を使っています。 キーキャップが墨色印字で見づらかったので「R3 カラーキーキャップセット ホワイト」に交換しました。 しばらく使ってみたのでレビューします。 この記事では、東プレ公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。 メリット デメリット 自分好みの見た目にカ ...

ReadMore

2024/2/24

【ノートPCと外付けWebカメラを徹底比較】テレワーク定番モデル

テレワーク三種の神器であるパソコン、ネット環境、Web会議ツール。 テレワークのWeb会議で、自分の表情・姿勢・身だしなみ等の視覚情報を、写してくれるのがWebカメラの重要な役目。 ノートPCは付属でWebカメラ・マイクがありますが、テレワークで定番の外付けWebカメラ2機種とで、どう違うのかスペック・画質・音質など実際に比較してみました。 この記事では、ロジクール公式サイトから画像・情報を一部引用させてもらっています。 テレワークにとってのWebカメラとは? Web会議ツールでの重要なアイテム 会社での ...

ReadMore

2024/2/25

「SwitchBotカーテン レビュー」カーテンを自動開閉させることで生活が便利に

こんにちは、目覚まし時計をセットして朝起きようとするとプレッシャーを少し感じるSafe Havenセーフヘイブン(プロフィール、お問い合わせ、@KEF47223925)です。 カーテンを自動開閉できる「SwitchBotスイッチボットカーテン」をレビューします。 生活をちょっと便利にしてくれるスマートホーム家電です。 朝起きるのに太陽光の明るさでスッキリ起きたいという人に最適。 SwitchBotさんから製品提供をして頂きましたので、レビューさせてもらいました。 メリット デメリット 朝起きるときに朝日の ...

ReadMore